バイクを下取りに出すなら、買取業者がおすすめです。多くの人が知らなかった事実を紹介。バイク買取業者も店舗を構えて全国通販をやっています。下取りが出来ます!そして3万円のサポートがある業者も!地域のバイク屋さんだけでバイクを探すのはもう古い!

バイク下取り

下取りと買取の違い - バイク下取り

2017年03月23日 19時07分

下取りと買取の違い

下取り

下取りとは、バイクを買う条件で乗っている(乗っていなくても)今あるバイクを売り、新規に買うバイクの金額の一部に充填する、必ず新車にしろ中古にしろバイクをその店で買わなければいけない。
 

買取り

買取りとは、バイクを買わなくても、又、他の店でバイクを買っても今あるバイクを売り、代金を頂くのである、だからどこに売ってもいいわけだ。
 

大きな違い

上の文で書いたように買取りではどこの店でも、バイク購入は自由であるから、金が入ったら、その金でバイクを買っても良いし、バイクを買わなくても良い、その金で綺麗なお姉ちゃんの居るところへ行こうが自由だ、でもお姉ちゃんの居るところで、バイクを売った金を使っちゃうとバイクが買えなくなる恐れがある、この様な事に成らないようにするには下取りの方が安全だと思う。
手元に現金が(振込か??)入ってこないので、バイク買う前に使っちゃうなんて事に成らないのだ。

下取りと買取りの金額に差がある様だ、どのくらいの差額が出るかは、あなたの交渉次第みたいだ。
下取りの場合、新車購入か中古車購入によっても、条件が違うようだがどっちにしても購入バイクの金額の値引き額によって変わってくる様なので、下取り金額が良いからと言っても値引きの分が少なければ何てこと無い様にも思えるが。